賢く使うカードローン

キャッシングといえば、思い浮かぶのは金利です。金利について調べてみると、借入額や返済期間によっても異なりますが、年利換算で10%台後半の金利がかかるそうです。これは利息制限法の上限金利(15%~20%)とほぼ同じ金利になっています。

キャッシングを利用する場合、各キャッシング商品の金利を比較して、自分に合ったものを選ぶ事が大事です。また、注意点はこれだけではありません。 簡単な手続きで借り入れができてしまうキャッシング融資は、とても便利なため裏目に出ると金銭の管理や感覚がズレてしまう原因となります。

キャッシングの手軽さから計画的な使用が難しくなってしまうことがあります。計画性のあるキャッシングの場合、生活の大きなサポートになります。しかし、計画性のないキャッシングの場合返済不能という危険が隣合わせにあるので、キャッシングをする場合は計画性に注意しなくてはいけません。

No Comments :(