賢く使うカードローン

キャッシングといえば、思い浮かぶのは金利です。金利について調べてみると、借入額や返済期間によっても異なりますが、年利換算で10%台後半の金利がかかるそうです。これは利息制限法の上限金利(15%~20%)とほぼ同じ金利になっています。

キャッシングを利用する場合、各キャッシング商品の金利を比較して、自分に合ったものを選ぶ事が大事です。また、注意点はこれだけではありません。 簡単な手続きで借り入れができてしまうキャッシング融資は、とても便利なため裏目に出ると金銭の管理や感覚がズレてしまう原因となります。

キャッシングの手軽さから計画的な使用が難しくなってしまうことがあります。計画性のあるキャッシングの場合、生活の大きなサポートになります。しかし、計画性のないキャッシングの場合返済不能という危険が隣合わせにあるので、キャッシングをする場合は計画性に注意しなくてはいけません。

私は、冠婚葬祭などで臨時の出費が色々と重なってしまい、一度だけキャッシングを利用したことがあります。やはり親などに心配をかけたくなかったので一人で解決できるキャッシングを選択しました。最初のうちは色々と不安もありました。きちんと返済できるのだろうか、手続きなどは面倒なのだろうかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

借り入れの申し込みをするときも、店舗に出向く必要がなかったので非常にスムーズに借り入れが出来ましたし、利息も予想外に低く返済もそれほど負担になりませんでした。結局一カ月くらいで返済が出来たので安心しました。こんなに簡単で負担も少ないなら、困った時にもう一度利用してみようと思いました。

借りようか悩んでいるという人は、悩んでいないで思い切って申し込みしてみることをオススメします。